The original
pilsner

1842年、ビールマイスターのジョセフ・グロールがラガービールの概念を変えました。彼は世界初の黄金色のピルスナービールを生み出しました。苦味、甘味、香りが絶妙なバランスで調和された味わいによりピルスナーウルケルは瞬く間に世界で愛されるビールとなりました。

Brewed the
original way

黄金色に輝く、ピルスナービールを生み出した独自の製法

ピルスナーウルケルは175年以上に渡って同じ醸造所で造られています。トリプルデコクション法を用いる、一部の醸造は木樽によって行うなど、伝統的製法を今日でも重んじています。時間はかかりますが、味へのこだわりに妥協はありません。

and perfectly poured

泡とともに楽しむピルスナーウルケル

濃厚かつクリーミーでしっとりとした泡は、ザーツ産ホップによるスパイシーな香り、苦味とバランスが取れたまろやかで甘いフレーバーを持っています。しっとりとした泡はピルスナーウルケルの味わいを最大限に引き出すための重要な要素となっています。

Perfectly poured the Czech way

ハラディンカは最も伝統的な注ぎ方で、泡の量は指三本分です。苦味と甘みのバランスが程よい、伝統的な注ぎ方になります。

So it’s fresh and
full of flavour

苦味と甘みの絶妙なバランス

ピルスナーウルケルを象徴する味わいは、トリプルデコクションによる麦芽由来の甘みと、ザーツ産ホップ由来の苦味が調和して形づくられます。濃厚でクリーミーな泡は、口当たりの良さと芳醇な香りを与えてくれます。

爽快さ、コクと芳醇な香り

通常のラガービールは口元で味を感じますが、ピルスナーウルケルでは、口元ではヒントしか与えてくれません。その代わり、口に含んでしばらくすると、爽快さとキレのある味わいそしてバランスの取れた後味が生まれ、あなたをさらなる一口へと誘います。

ピルスナーウルケルを一口飲むと、自然な炭酸が生み出すキレのあるさわやかさと、ほのかなカラメルの香味を味わうことができます。これは、麦芽を3度糖化するトリプルデコクションと呼ばれる醸造法にあります。この醸造法により仕上がりの色と香りは一層強まります。

後味としてホップの苦みをはっきりと感じることができます。

モラビア産の大麦、ザーツ産ホップの苦味、ピルゼンの軟らかい水

ピルスナーウルケルの爽やかさ、コク、そして芳醇な香りは、モラビア産の大麦、ザーツ産ホップの苦味、そして軟らかなピルゼンの水によるものです。

私達のビールは175年以上に渡り、これら4つのチェコ産の原料を用いて醸造しています。全てチェコ産の原料を使用しています。それゆえ、黄金色に輝くビールを生み出したピルゼンの醸造所でのみ醸造を続けています。